妊活には、どんな食べ物がいいの?サプリのおすすめは?

妊活さぽ

赤ちゃんが欲しいから妊活を始めたい。でも、どんなことをすればいいのかしら?

ホーム » タイプ別妊活の取り組み » きちんとした体調管理でリスクをかなり抑えられる40代の妊活について

きちんとした体調管理でリスクをかなり抑えられる40代の妊活について

所要時間 約 2分

最近では40代の出産も珍しくなくなってきました。初婚年齢が上がってきたことと、結婚が早くてもなかなか子供ができなかったり、仕事等で子供を育てる余裕が無いとの理由で、初産の年齢が高くなってきている傾向にあります。

40代の出産は、自然分娩では無く、帝王切開で出産するケースが多いですが、少ないとはいえ、自然分娩で出産される方もおります。

40代の出産で注意するべき事は、体力の低下と、代謝機能の低下により、生活習慣病を引き起こしやすいリスクがあります。

適度な運動と規則正しい食生活はもちろんのこと、サプリメント等を活用して栄養の偏りを防いで、水分も多めに摂って代謝機能を維持していくように努めていきます。

また、筋トレといった、体の筋肉量を減らさないようにすることで、出産時に腹圧をかけやすく、スムーズに出産が出来るようになります。

運動は筋トレの他、ヨガやダンス、ストレッチ体操など、体の筋肉を伸ばしたりする運動が良いでしょう。ストレッチをすることで、骨盤が開きやすくなり、より安産になるケースが多いです。

20代の時よりは、食生活も生活習慣もより厳しく管理をし、運動も筋トレやストレッチで、柔軟性のある体作りを心掛けることで、かなりリスクは軽減させることができます。

妊娠後も活動量が低下しない様に、散歩を心掛け、運動不足によるむくみや、体重過多を防いでいくようにします。健康管理を怠ると、糖尿病や妊娠中毒症を招いたりすることも多いので注意しましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

はじめに
タイプ別妊活の取り組み
カテゴリ