妊活には、どんな食べ物がいいの?サプリのおすすめは?

妊活さぽ

赤ちゃんが欲しいから妊活を始めたい。でも、どんなことをすればいいのかしら?

ホーム » 妊活が重要視されるようになった理由 » 高齢化社会が進んで介護や医療のサポートが手薄になる

高齢化社会が進んで介護や医療のサポートが手薄になる

所要時間 約 2分

現在超高齢化に突入しつつある我が国においては、年金対策だけではなく、介護や医療のサポートの充実化も課題として挙げられています。

そして、介護や医療を行うのは現在、減少しつつある労働人口の人達です。今後は1人の労働人口に対して、2人以上の高齢者の生活を支持していかなければならないといわれており、状況としてはかなり現時点で深刻といえます。

理由は、高齢化が進むとともに、身体機能の低下が顕著に出てきます。したがって、何らかのサポートを受けていかないと生活ができなくなる方が増えていきます。

サポートというのが医療、介護に携わる人たちですが、かなりその仕事もハードであり、職離れをしている人が後を絶たない状況です。

労働人口が減り、高齢者が増え、更に、高齢者をサポートする人員がいなくなっていく事態から、今の人達で将来の不安が全く無いという方はほとんどいないのではないでしょうか。

解決方法はもちろんあります。それは労働人口を増やし、医療や介護に従事する人員を確保していくということです。

ただそれが現実として難しく、その大きな要因は絶対数が少ないということです。絶対数を増やさないことには何も進まず、婚活や妊活を推進し、そして育児をしながら生活を維持していくことができる環境づくりというのがこれからの日本の課題といってもいいでしょう。

子供が欲しくてもできない人もおれば、仕事の内容によっては子供を作ることが難しいというのはありますので、まずはどのような状況でも安心して子育てができる環境を作ることが原典ではないかと思われます。

 

この記事に関連する記事一覧

はじめに
妊活が重要視されるようになった理由
カテゴリ