妊活には、どんな食べ物がいいの?サプリのおすすめは?

妊活さぽ

赤ちゃんが欲しいから妊活を始めたい。でも、どんなことをすればいいのかしら?

ホーム » 妊活が重要視されるようになった理由 » 年金などの定年後の生活が維持できなくなる可能性がある

年金などの定年後の生活が維持できなくなる可能性がある

所要時間 約 2分

年金というのは国から支給されているものではありますが、元々は国民からの納税によって賄われています。

社会保険料、国民年金という名目で、国民から徴収し、これらを定年退職後に年金という形で、現在65歳以上のシニア世代に支給されているという訳です。

この年金は年々支給額が減少しており、反対に労働者が支払っている社会保険料や国民年金は年々増えています。

結局は労働人口が減り、高齢者が急増していることで、収入と支出のバランスが崩れてしまい、年金という名の資金繰りは火の車の状態というのが今の日本の現状です。

また、年金の支払いですが、社会保険に加入している場合は、半額会社が支払いますので、概ね1万3千円から1万4千円位が自己負担分となります。

対して国民年金は、自己負担で月1万5千円位必要となります。国民年金を支払っている方は、他に国民健康保険、住民税等が市区町村などから請求されます。

これらを合わせると、月々にして2万円から3万円の負担となります。会社勤めでも、会社自体が社会保険に加入していない場合は、自分達で国民年金や健康保険を支払に行かなければなりません。

この国民年金を支払っている人達は、生活を維持させる為の収入が得られない方も多く、国民年金を滞納される方も多く、社会問題化しています。

支払ったとしても、年間受け取れる年金は80万位で、とても生活ができません。社会保険加入者はこの倍くらいですが、それでも足りなくなります。そういったことにならないように今から国を挙げて妊活や婚活等の取り組みが重要となる訳です。

 

この記事に関連する記事一覧

はじめに
妊活が重要視されるようになった理由
カテゴリ